批評家が語るラッセンの価値、何を根拠にそう言われているのですか?

得するラッセン情報

得するラッセン情報のmainimage

今後のラッセンを懸念する批評家の声はホントでしょうか?広すぎる活動領域、質と量のマネジメント、2つのポイントがあります。

批評家が語るラッセンの価値、何を根拠にそう言われているのですか?

批評家は画家の未来に対していろいろ言ってきます。

ほとんどが勝手な言い分ですが、中には真実もあります。

ラッセンの場合はどうなのか、ポイントをお話ししましょう。

◎ラッセンを心配する2つの目線とは。

批評家がラッセンの絵の価値が低下すると懸念しているのには、2つの理由があります。

1つはラッセン自身の活動の幅が広すぎて、多忙なあまり絵のクオリティが保てなくなるのではないかという点です。

そしてもう1つは、次の新しい題材を見出すことがむずかしくなっているという点です。

つまり“海とイルカ”というラッセンの定番絵画が飽きられているという見方です。

◎絵画は質と量のコントロールが大事。

絵画の評価は希少性にありますが、彼の場合は、その希少性がなくなりつつあるということが懸念されています。

ラッセンは、毎年意欲的に新作を描きためてきていますが、その大半が海をモチーフにしたものであり、質は良くても量のマネジメントができていません。

市場にだぶついてしまった“同じような絵の在庫”を懸念する批評家がいることはたしかです。

◎画家にとってマネジメント力は最大の難関。

ラッセンのように“できる売れっ子画家”になればなおさらです。

ラッセンはセルフマネジメントに長けた画家です。

専門家、他人の手を借りることなくやっていける画家です。

それが返ってマイナスになっているかもしれません。

しかしそう心配するほどでもないでしょう。

彼は海のように生命力あふれる画家ですから。

得するラッセン情報

Copyright www.spidatter.com All Rights Reserved